FC2ブログ

10月≪ 2018年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2014.02/06(Thu)

【艦これ】hiro-sam提督、カスガダマ沖海戦を制す

amarecco20140205-221946[000].avi_000000033
 本日は前回にひき続いて4-4カスガダマ沖海戦の攻略を行なう。ボスの最終形態に対して、まずは上画面のように艦隊編成の変更を行なってみた。攻略wikiやプレイ動画などから得た情報を元に、フラグシップ潜水艦への対策と、更に耐久が高くなるボス旗艦への対応を考えている。

amarecco20140205-221946[000].avi_000006900amarecco20140205-221946[000].avi_000013900
 駆逐艦勢の装備。駆逐艦はボス戦での砲撃戦や夜戦の攻撃が全て潜水艦に吸われてしまうので、旗艦に対する攻撃力として期待できない。ならば、島風は三式ソナー&爆雷を積んで対潜攻撃担当としてみる。潮の方は道中の対空能力を落としたくない思惑もあり主砲×2のままだが、ボス戦では対潜以外の戦力にならないことから、ダメコンを搭載して被害担当艦として働いてもらう。これで仮にボス前で大破になったとしても進軍可能であり、ボスへの到達率が上がることを期待する。

amarecco20140205-221946[000].avi_000020666amarecco20140205-221946[000].avi_000025733
 空母の装備は変更なし。

amarecco20140205-221946[000].avi_000030000amarecco20140205-221946[000].avi_000033166
 比叡の装備を以前の46cm砲×2に戻して火力向上を図る。電探も先日新たに14電探を増備したので変更する。摩耶は装備に変更なし。

 陣形は対潜水艦隊戦以外は輪形陣という方針は変わらず。ただ並び順の変更によって前回までの「空母を守る」から「駆逐艦を守る」方向性に変わったと言えるだろう。唯一不安なのがボス旗艦に対する火力が足りるかどうかだが、これは実際に対戦した結果を元に判断するしかあるまい。

amarecco20140205-221946[000].avi_000056800
 それでは通算17回目の出撃、開始である。

●出撃17回目
amarecco20140205-221946[000].avi_000063900
amarecco20140205-221946[000].avi_000117733amarecco20140205-221946[000].avi_000121333
 まず初戦を問題なく勝利する。編成変更の影響は特に無かったのは幸いである。

amarecco20140205-221946[000].avi_000158433
amarecco20140205-221946[000].avi_000188866amarecco20140205-221946[000].avi_000198200
 2戦目、対潜装備を搭載した島風が猛威をふるう。ソナー+爆雷があれば、駆逐艦でも敵エリート潜水艦を一撃で沈められるのだ。

amarecco20140205-221946[000].avi_000207866amarecco20140205-221946[000].avi_000211433
 堂々の完全勝利。

amarecco20140205-221946[000].avi_000252833
amarecco20140205-221946[000].avi_000300800amarecco20140205-221946[000].avi_000303033
amarecco20140205-221946[000].avi_000342766amarecco20140205-221946[000].avi_000345966
 だがボス前戦、加賀が空爆を受けて中破されてしまう。勝利はしたものの、今後の戦闘への影響が懸念される。

amarecco20140205-221946[000].avi_000390066amarecco20140205-221946[000].avi_000410333
 ボス到達。敵旗艦の装甲空母姫は耐久値が270もあるバケモノだ。以下、浮遊要塞2・エリ駆逐2・フラ潜1。

amarecco20140205-221946[000].avi_000418266amarecco20140205-221946[000].avi_000420066
amarecco20140205-221946[000].avi_000426333
 開幕航空戦の結果は、敵浮遊要塞1隻の小破に留まる。砲撃戦は輪形陣同士の反航戦、双方とも砲撃が通りにくい陣形だ。被ダメの点ではメリットがあるものの、敵は全般的に硬くなったので、こちら側の与ダメが低くなる方が問題になるかもしれない。

amarecco20140205-221946[000].avi_000437100
 夏イベント以来の浮遊要塞。見た目の可愛らしさはともかく、耐久値が戦艦並みにあって倒しづらいのが厄介だ。

amarecco20140205-221946[000].avi_000453100
 うーん、1回の空爆では致命傷を与えられない。加賀が中破していて、砲撃戦ターンで攻撃出来ないのも苦しい。

amarecco20140205-221946[000].avi_000482600amarecco20140205-221946[000].avi_000491666
 雷撃戦まで終了した時点で、敵旗艦は小破未満、浮遊要塞1隻とフラ潜が中破で残った。対潜担当艦が1隻だけでは、やはりフラグシップ潜水艦の撃沈は難しかったか。単横陣にすればいけるかもしれないが、それでは砲撃力の低下が著しくて、今度は旗艦を倒せなくなってしまう恐れがある。

amarecco20140205-221946[000].avi_000498066
 夜戦で潜水艦を倒すのはほぼ不可能である。駆逐艦は潜水艦に攻撃を吸われるだけの存在になってしまった。

amarecco20140205-221946[000].avi_000500533
 で、装甲空母姫の夜戦攻撃であるが… コイツも夜戦命中に難ありなのかね?

amarecco20140205-221946[000].avi_000509566amarecco20140205-221946[000].avi_000510600
 さて、比叡である。敵旗艦を狙ったは良いものの、与ダメは79+15。

amarecco20140205-221946[000].avi_000513133amarecco20140205-221946[000].avi_000514233
 最終兵器摩耶様は浮遊要塞を攻撃してしまい、ジ・エンド。
 それにしても与ダメ130+208ってのは、重巡の夜戦攻撃の強力さを思い知らされる数値だ。この攻撃が敵旗艦へ向かっていれば、撃沈に成功していたかもしれない。残念である。
 つーか、相手が違うとはいえ、46砲×2と格段に強力な装備を持ちながら与ダメが3分の1という比叡のほうがイカンだろ、これは。

amarecco20140205-221946[000].avi_000522500amarecco20140205-221946[000].avi_000526133
 結果、やっぱダメでした~orz
 反省点としては、加賀中破で空母の攻撃力が下がったにも関わらず、ボス戦で輪形陣を選んだことか。対潜に未練を残したが故だったが、水上艦への攻撃力を考えると単縦陣に変更して火力押しすべきだった。このへんの臨機応変な対応が出来ないところが、自分の弱点だと痛感している。

●出撃18回目
amarecco20140206-001323[000].avi_000001666
 前回出撃の反省点を踏まえて、これからボスをどう攻略するか。
 対潜のことを考えると、やはりそれ専任の戦力がほしい。なので対潜番長五十鈴を起用してみようと思う。しかしボス前直行の条件を満たし更に空母2隻を入れてとなると、今度は火力がダダ下がりになってしまう。ならば駆逐艦を外して羅針盤に身を任せるのもひとつの方策なのではなかろうか。という訳で編成したのが上画面である。外した駆逐艦2隻分に替えてまずは五十鈴を、今までの経験から夜戦には重巡でしょという理由で高雄を加入させる。戦艦は前戦でしくじった比叡から榛名にチェンジしてみた。

amarecco20140206-001323[000].avi_000030266amarecco20140206-001323[000].avi_000053666
amarecco20140206-001323[000].avi_000042733
 変更した艦の装備は上の通り。五十鈴は対潜装備特化、高雄は摩耶と同様の夜戦連撃&対空装備とし、榛名は火力重視を考えて46砲×2+15.5三連副砲+21電探として、運の高さからカットイン攻撃を期待してみた。本来なら榛名にも14電探を持たせたいのだが、いかんせん2個しか開発していないため、やむを得ず21電探を使用する。

amarecco20140206-001323[000].avi_000085300
 では18回目の出撃、行ってこーい!

amarecco20140206-001323[000].avi_000192600amarecco20140206-001323[000].avi_000210400
amarecco20140206-001323[000].avi_000226766amarecco20140206-001323[000].avi_000229166
amarecco20140206-001323[000].avi_000253733amarecco20140206-001323[000].avi_000256066
amarecco20140206-001323[000].avi_000328200amarecco20140206-001323[000].avi_000331500
 結論から言えば、これは失敗だった。
 北ルートへ流されて渦潮を踏んで弾薬を損耗した後の2戦目、敵旗艦のフラ戦に五十鈴と赤城が中破を食らい、最終到達点は資材マスと、全く良い所無しに出撃終了。
 まずボスに近いマスに位置するフラ戦はやはり強力だということ。次に渦潮を経由するルートは、弾薬損耗が攻撃力に与える影響を無視できない。駆逐無し編成での最良進撃ルートは南の1戦目からボス前へ至るものだが、ボス到達までに都合9戦も費やした自分の羅針盤運では、そうそう都合よく引けるとは思えない。
 やはり駆逐2隻+重巡1隻のボス前直行確定編成を元に、再度攻略編成を検討しなければならない。

●出撃19回目
amarecco20140206-024417[000].avi_000014066
 という訳で、自分の出した結論が上の艦隊編成である。ここへ来て空母を1隻に戻し、航空攻撃力重視から砲撃力重視へと抜本的な方針変更を行なった。並び順は最上位の旗艦に戦艦を据えて、強い順に並べるオーソドックスなもの。夜戦では空母と対潜に吸われる駆逐を除いた上位3隻が攻撃の主軸となるが、その時は弱い順に並んでいるのもポイントだ。戦艦は比叡に戻っているが、実は比叡の再起用は結構悩んだ。だが、度重なる4-4出撃で比叡は金剛型戦艦の中では最高のレベルに達しているのだ。それが再起用の理由だが、もしまたやらかしたとしたら、今度こそ本気で見捨てようと思うw
 陣形については、初戦は単縦、対潜水艦隊戦は単横とし、ボス前は複縦、そしてボス戦は単縦とする。すなわちボス戦で出撃するフラグシップ潜水艦は、初めから倒すのを諦めることになる。それを元に駆逐艦の装備を検討する。

amarecco20140206-024417[000].avi_000026300amarecco20140206-024417[000].avi_000031500
amarecco20140206-024417[000].avi_000039300
 戦艦及び重巡の装備。比叡は並の運の持ち主なので、カットイン攻撃を期待せずに連撃装備としている。14電探は素の対空値の補完として比叡及び高雄に配備、元から対空値の高い摩耶は21電探とする。

amarecco20140206-024417[000].avi_000046466
amarecco20140206-024417[000].avi_000051133amarecco20140206-024417[000].avi_000060366
 1隻になってしまった空母加賀の装備は最初期の仕様へ戻すことに。そして駆逐艦はボス戦では戦力外になってしまうので、どちらも対空装備+ダメコンとした。

amarecco20140206-024417[000].avi_000081800
 では通算19回目の出撃である。20の大台に乗る前にクリアできればいいなぁ(切実)。

amarecco20140206-024417[000].avi_000088666
amarecco20140206-024417[000].avi_000142300amarecco20140206-024417[000].avi_000145600
 初戦を勝利するも、島風が小破される。まぁ、ボス前戦で大破になってもダメコンがあるから大丈夫だ。

amarecco20140206-024417[000].avi_000182300
amarecco20140206-024417[000].avi_000231800amarecco20140206-024417[000].avi_000235400
 続く対潜水艦隊戦はS完全勝利。余計なダメージを貰わなかったのは幸いだ。

amarecco20140206-024417[000].avi_000256800amarecco20140206-024417[000].avi_000279833
 ボス前戦。制空権云々はハナから諦めている。なので、ここはただ無事に切り抜けるのを祈るのみ。

amarecco20140206-024417[000].avi_000326433amarecco20140206-024417[000].avi_000328733
 でもまあ、そんな時に限って敵はダメコン搭載艦を襲ってくれないものである。ボス戦での貴重な戦力のひとつ、摩耶が空襲で中破。つーか、ダメコン搭載艦への攻撃を避ける内部的仕掛けでもあるのかと勘ぐりたくなる。

amarecco20140206-024417[000].avi_000363300amarecco20140206-024417[000].avi_000366466
 昼戦闘のみで結果は敵3隻撃沈のB勝利。こちらとしては摩耶がやられたのが非常に痛い。大井に多いに不安を感じつつ進撃続行する。

amarecco20140206-024417[000].avi_000387633amarecco20140206-024417[000].avi_000406600
 羅針盤の機嫌は良かったようで、なんとかボスへ到達した。手負いの戦力であるが、最善を尽くしたい。

amarecco20140206-024417[000].avi_000416400amarecco20140206-024417[000].avi_000419700
amarecco20140206-024417[000].avi_000422666
 開幕航空戦で敵浮遊要塞1隻を中破。続く開幕雷撃は摩耶が食らう。おいおい、摩耶が被害担当艦になるのは勘弁してくれ…
 で、砲撃戦はまたもや反航戦になってしまう。厳しい。単従陣を選択している分、前々回よりは砲撃力を底上げできているのだが、果たしてどうなるか?

amarecco20140206-024417[000].avi_000425333amarecco20140206-024417[000].avi_000447100
amarecco20140206-024417[000].avi_000453933amarecco20140206-024417[000].avi_000458400
 やはり単縦陣の効果は大きく、砲撃力の与ダメが向上しているのが解る。その一方で空母もちゃんと仕事が出来ているのは良い感じだ。
 で、砲撃戦ターン2回目、高雄が敵浮遊要塞へクリティカル攻撃するも、僅かに撃沈へ届かず。惜しい!

amarecco20140206-024417[000].avi_000462833amarecco20140206-024417[000].avi_000466666
 続く摩耶と加賀の攻撃はいずれも敵旗艦へ。夜戦を考えれば、虫の息の浮遊要塞を葬って、ターゲットを減らしてもらいたかったのであるが…

amarecco20140206-024417[000].avi_000479566amarecco20140206-024417[000].avi_000481233
 おっと、夜戦の前に雷撃戦である。結果は、敵浮遊要塞撃沈に成功! これでフラ潜を除けば、夜戦の相手は旗艦の装甲空母姫のみに絞られた。

amarecco20140206-024417[000].avi_000490233
 さあ夜戦である。こちらには夜戦で強さを発揮する重巡、その中でも最強に位置する高雄型が2隻も揃っているのだ。その攻撃力、とくと味わうが良いわ。
 そう息巻いていた俺提督なのであったが…

amarecco20140206-024417[000].avi_000493800amarecco20140206-024417[000].avi_000495433
 「私! 頑張るから! 見捨てないでぇー!!」
 何ということでしょう! 全く期待していなかった比叡が、与ダメ55+80で装甲空母姫を撃沈してしまったではないですか!

 hieeeeeeee.png 


←当時の俺提督の心境w



 ああ、カカオさんに止めを刺してもらおうと思ってたのが台無しだよw もしかしてコイツ、出撃前に「またやらかしたとしたら、今度こそ本気で見捨てようと思うw」なんて書いたから、ようやく本気を出したというのか!? 本気を出すべき場面は過去に何度もあったんですけどねぇww

amarecco20140206-024417[000].avi_000513466amarecco20140206-024417[000].avi_000516500
 その後の対潜攻撃は無視して最終結果。敵旗艦含む撃沈5・小破1で、我が艦隊がカスガダマ沖海戦を勝利す!

amarecco20140206-024417[000].avi_000528400
 MVPは最後に美味しいところを掻っ攫っていったこの艦である。全くもう…w

amarecco20140206-024417[000].avi_000534033amarecco20140206-024417[000].avi_000544766
 そして注目のボス勝利ドロップ、今回は何が出るかな~
 ヒャッハー! 新鮮な軽空母だぁー!!
 あー、でも軽空母は近代化改修での対空上げ素材として重宝しているんで、歓迎はしてますよ一応…
 やはりA勝利では長門は無理ですかそうですか(´;ω;`)

amarecco20140206-024417[000].avi_000557466
 戦場は南方海域へ移行する。日を改めてから、じっくり攻略していきたい。

●4-4攻略まとめ
 総出撃回数19回中、中途撤退7回、ハズレルート送り6回。
 ボス到達6回中、旗艦撃沈4回、討ち逃し2回。

 長く、苦しい戦いだった。世間では3-4のほうが難度が高いと言われているが、最高火力でガチバトルする3-4と比較して、こちらは艦種に制限がある分、攻略に苦しむ結果となった。自分的には3-4の方が楽だったと感じている。
 でもまあ、空母主軸の編成にしてみたり、潮を起用し続けたり、最後は重巡主体にしてみたりと(その意図は比叡に潰されたのは前述の通りだがw)、攻略面でオリジナリティは出せたと思う。その点については満足している。

amarecco20140206-024417[000].avi_000744133amarecco20140206-024417[000].avi_000783400
 本日の作戦は以上である。皆ご苦労であった。入渠でじっくり休養を取って欲しい。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 艦隊これくしょん~艦これ~ - ジャンル : オンラインゲーム

12:37  |  艦隊これくしょん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://hirosam2010.blog24.fc2.com/tb.php/298-eef4d28d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。