FC2ブログ

10月≪ 2018年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2014.01/12(Sun)

【艦これ】hiro-sam提督、初轟沈を経験す

 先日の3-4攻略でキラキラ状態が戦闘に及ぼす効果を体験したのであるが、キラキラ状態は遠征においても良い効果を発揮する。全艦キラキラ状態で遠征に派遣すると結果が「大成功」となり、通常の成功より1.5倍の資材を獲得できるのだ。また、家具箱や開発資材といった、必ず獲得できるとは限らない副次的なアイテムの獲得確率も向上する。

screenshot-201401281024400656.pngscreenshot-201401281024470830.png
 例えばこの資源輸送任務では、成功だと獲得資材が「50/250/200/50」となるところ、大成功だったのでそれぞれ1.5倍の「75/375/300/75」になっている。一度に獲得可能な資材量の多い遠征に活用すると資材がドンドン溜まっていくので、これを使うか否かで艦隊司令部の運営に大きな差が出るだろう。出撃はともかく、開発や建造には多量の資材が必要なのである。

 で、そんなお得なキラキラ遠征だが、こちらの手間といえば遠征に赴く艦を意図的にキラキラ状態にすること。高難度海域出撃前のキラキラ付けも同様だが、これを行なうのに適当なのが1-1鎮守府正面海域だ。

amarecco20140112-135411[000].avi_000007133amarecco20140112-135411[000].avi_000025033
 出撃の仕方には提督によって様々だが、自分の場合はキラ付けしたい艦を旗艦に据えて、後の2隻にレベル1の駆逐艦を置いて出撃させる方法をとっている。初戦と2戦目で2回旗艦MVPを取るのが目標で、これを2~3回繰り返せば数回の遠征でも保つ程度のキラキラ状態を作り出せる。
 出撃終了後の補給はキラ付け対象艦のみに行ない、随伴する駆逐艦は資材切れあるいは小破以上になったら別のレベル1駆逐艦に交換する。お役御免になった駆逐艦は近代化改修へ回すのだ。キラ付け出撃中に駆逐艦はいくらでもドロップするので、随伴艦に困るといったことはない。

 で、このキラ付け出撃だが、軽巡洋艦以上なら射程の関係で常に随伴艦より先に攻撃を行うために、旗艦MVP獲得は特に問題ない。だが、キラ付け対象が駆逐艦の場合は少し厄介だ。
 艦これの仕様として、砲撃戦(戦艦が存在して2回砲撃戦が行われる場合は、1ターン目)は艦の射程順に行ない、同一射程の場合は攻撃順はランダムに決定される。で、1-1初戦の敵は駆逐艦が1隻しかいない。よって、駆逐旗艦+随伴艦2隻で出撃した場合、

 駆逐旗艦より先に随伴艦が敵を撃沈してしまい、MVPを掻っ攫ってしまう

 という事故が時々発生するのだ。これを防ぐためには随伴艦の装備は全て取っ払うのがベターで、自分もそれを採用してからこのテの事故は減ったものの、たまに何故か随伴艦がクリティカルを出して事故ってしまうことがあったりする。1度MVPを奪われたら更に余分にキラ付け出撃させなければならず、面倒なことこの上ない。
 それなら旗艦単独で出撃すれば良いとの意見もあり、実際そのようなキラ付け出撃をしている提督も多いのだが、その場合ボス戦に行った時にミスが生じて戦術的敗北を喫するリスクが高くなる。MVPは得られるのだが、敗北数が増えるのは避けたいところだ。実は随伴艦を2隻加えている場合でも、ボス戦で敵4隻なんて来られた時には、旗艦の攻撃がミスってしまうと夜戦突入しなければ戦術的敗北になりかねないというケースは、たまにある。そんな時は仕方なく夜戦を行なうのだが、疲労度が増えてしまうのでキラ付け効果が若干減ってしまう。

 だが、上に挙げた事故要素はまだマシな方だ。最悪なのが、

 1-1初戦で随伴艦が敵のクリティカル攻撃を食らって大破する

 というケースだろう。ここでようやくBlogタイトルに話が繋がるのだが。
 本日、その不幸なケースに遭遇してしまったのである。

amarecco20140112-165007[000].avi_000001433
 駆逐艦「暁」のキラ付けのための1-1出撃中、初戦で随伴艦の駆逐艦「雷」が大破されてしまった。大破艦が進撃した場合、次の戦闘で轟沈するリスクは極めて高い。
 ここで撤退を選択できる提督がいたら、その人は立派なホワイト提督だ。自分は素直に賛辞を送りたい。と言うか、ホワイト提督なら捨て艦多用なキラ付け出撃自体しないだろうけど。
 と言うのも、ここまで述べ10隻以上の軽巡駆逐にキラ付け出撃を行なっていて、述べ出撃回数も30を超えて面倒臭さの極致に達していた状態。随伴用の駆逐艦も有り余っていて、1隻沈んだくらいで困ることもない。要するに、作業的出撃の連続で俺提督の感覚は麻痺していたと言えるだろう。

amarecco20140112-165007[000].avi_000034900amarecco20140112-165007[000].avi_000052400
amarecco20140112-165007[000].avi_000056466amarecco20140112-165007[000].avi_000058033
 そして進撃続行を選択した次のボス戦、敵の攻撃を受けた雷ちゃんは沈んでいった…
 俺提督、初の艦娘轟沈である。

 いくら捨て艦的な扱いをしていたとしても、轟沈は轟沈である。録画していた轟沈ボイスを聞いた時は胸が傷んだ。
 だがしかし、これはキラ付け出撃で随伴艦を手荒に扱っている自分に対しての報いなのだろう。キラ付け遠征で美味しい思いをする反面、時にはこうした業を引き受ける覚悟が必要なのだと。

 最後に、俺提督の欲と引き換えに沈んでいった雷ちゃんに、心から哀悼の意を評します。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 艦隊これくしょん~艦これ~ - ジャンル : オンラインゲーム

20:26  |  艦隊これくしょん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://hirosam2010.blog24.fc2.com/tb.php/292-83781c37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。