FC2ブログ

10月≪ 2018年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.12/17(Mon)

総選挙の結果に思うこと

 ようやく頭の中が落ち着いてきたんで、昨日行われた総選挙について感じたことをダラダラと書いてみる。

自公圧勝、325議席=全議席が確定【12衆院選】
時事通信 12月17日(月)6時30分配信

 16日に投開票された第46回衆院選は17日早朝、全480議席が確定した。自民、公明両党で325議席を獲得し、衆院で再可決が可能な3分の2を上回る議席を確保し圧勝。これに対し、民主党は57議席と惨敗した。国政選挙に初めて臨んだ日本維新の会は54議席を得て第3党となった。(後略)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121217-00000069-jij-pol


 各テレビ局の開票速報が始まった途端、続々と自民党に当確者が積み上がっていく様を見ていると、今までの民主党の政治って一体何だったんだろう? という虚しい問いが湧き起こるとともに、こうも短期間に極端にブレてしまっては、中長期的に安定した政治など望めないのではなかろうか? という不安感に苛まれてしまう、そんな夜更けでありました。
 いや、自分は別に民主党支持者と言う訳ではなく、時々の事件に対する民主党政権のお粗末な対応ぶりを散々罵倒してきたクチなんですが、それでも野田総理になってから僅かではあるけどかいま見えてきた政策純化路線に期待してみたい思いもあったのです(まぁ、田中真紀子みたいな問題人物を文科相に担ぎだして、案の定騒動を引き起こされたボーンヘッドもありましたが)。だから議席数は減るのは仕方ないけど、せめて今後の自公政権に影響力を残せるだけの勢力を維持して欲しかった。過去にも書いたことがあるけど、自公民連立ってやつですね。
 ですが何という事でしょう、終わってみれば郵政選挙時を遥かに下回る完膚なき大惨敗。いくらなんでも負けすぎだ。今後の政治に影響力を… なんて言えるレベルじゃない罠(´・ω・`)ショボーン
 それだけ市井における反民主の情念が強かったのか。

 民主党が大敗した理由、そりゃ、マニフェストの実現が不完全に終わった事もあるだろうけど、やはり与党としての政権運営能力に欠けるのでは? という、決定的な不安感を有権者に根付かせてしまったこと。これが大きかったんじゃないかなと思う。やっぱりルーピー鳩山やカンチョクトの罪は重いな。
 そして、景気対策において自民党に対抗できる施策を打ち出せなかったことだろうか? 野田総理は民主党政権発足時から比較して景気は上向いたと、民主党政権の成果を強調していたけども、今年下半期の景気は確実に後退局面に入っていた。それにどう対応するかの言及に乏しかった点は否めないと思う。

 で、民主党はどう立ち直っていけばいいんだろう? 今回の結果じゃ、やっぱ組織選挙をやった自公が強いよね、となって組織を持たない層の意見がスポイルされる懸念がある。その従来無党派層の中から横断的な支援層を作り出せていけるか? 地道な努力が必要でしょうけど、それしか無いかなと思う。労組だけじゃなく、もちろんン千円払えば党首選挙に参加できます的な今のサポーター制度じゃなくて。あ、それだと結局は民主も組織選挙をやれって事になるか。

 さて、その民主党とは逆に勢力を伸ばした日本維新の会について。「風が吹いたのは大阪だけ」という厳しい意見もあるようですけど、まぁこんなもんでしょう。関西に住んでる者にとっては、橋下大阪市長の露出度の高さのおかげで勢いがあるように見えるだけで、その他の地方から見ればローカル政党に毛が生えたようなものでしたから。むしろ比例でそこそこの票を取った分、風は確実に吹いてたんじゃないかと。課題があったとすれば小選挙区、大阪とその他の差なんだけど、地に脚のついた組織力の差が… って、ここでも組織選挙かよ! とw

 小選挙区制になった時、これからは政党力で票の行方が決まるという見方がありましたが、どうやらそれは幻想だったのかもしれません。
 ここで、今回の多党乱立ぶりと併せて小選挙区制批判がメディアによってなされていますけど、お前ら20年ほど昔は

「中選挙区制は政治家個人の組織選挙になって政策での選択が疎かになるからダメ! 多党制は不明瞭な国対政治の温床になるからダメ! 小選挙区制の採用による2大政党制の実現こそが、政策本位の議論による政治の実現に必要不可欠だ!」

 と言って、小選挙区制を絶賛していたじゃないのさ。
 今になって「小選挙区制はダメ!」だなんて、無責任すぎるだろ。

 世襲政治家が多い? その世襲政治家に問題があるなら選挙で落選させれば良い。そもそも世襲政治家は中選挙区制でもあり得ることだし、選挙制度には関係無い。
 死票が多すぎる? それは認める。だが、それは2大政党制ならば問題にはならないと思うが。
 現実では多党乱立? 小党でも出てこれるのは比例区があるから。ならば比例区を切って単純小選挙区制にするべきだろう。

 自分は、衆議院は単純小選挙区制、参議院は比例代表制(全国1区、ブロック別どちらでも可)にしてはどうかと思う。衆議院では2大政党制によるダイナミックな政策決定を、そのチェック機関である参議院で少数党の意見を政策に反映させるシステムを提案したい。
 で、小選挙区制で困ることと言えば、1票の格差是正=選挙区割の変更が大変な点で、それを根本的に何とかしたいとするならば、都道府県単位の大選挙区制なんてのも考えてみてはどうか。最もそれはそれで、かつての中選挙区制が抱える問題点を許容しなければならなくなるが。

 選挙制度に話がずれてしまった。
 躍進した日本維新の会とは反対に、見事沈没してしまったのが日本未来の党ですか。嘉田滋賀県知事には気の毒という他ありませんが、有権者はこの党の本質をちゃーんと見抜いていたのを、解っていただけたのではないでしょうか。ぶっちゃけ、民主分離派が生き残るための政党で、貴方は急遽神輿に担がれたに過ぎないことを。
 これからどうされるのかは解りませんが、脱原発目的で投票された有権者を裏切ることの無いよう、切に願います。

 投票率が下がった点について。
 師走選挙で天候が云々なんて意見もあるけど、自分の選挙区でも全国平均並みに投票率が下がってるから、それが理由ではないだろう。やはり今回の総選挙は多党乱立で、何処に投票すればいいのか解りにくい点が大きかったのではないか。
 でもね、だからと言って棄権しましたってのは、政治に対する白紙委任と同じなのよ。
 希望する政策と100%合致する政党なんて早々あるわけない。選択肢が限られてるんだったら、多少納得行かなくても、マシと思える政党を選ばなきゃ。

 後は箇条書きに。乱暴な言いっぷりですがご容赦をw
 前原誠司政調会長へ。
 関テレの選挙特番を見かけましたけど、「嘘吐き政党のレッテル貼り」が云々と、自民党はおろかメディアにも責任転嫁するような敗戦の言い訳には失望しました。森田実が「子供じみた言い訳」と激怒するのも当然ですよ。野田総理ブレーンの一人として、多分次の代表選挙には出馬しないとは思いますけど、暫くの間はイチ平議員として市井の声に耳を傾け、真摯に反省して下さい。
 田中真紀子文科相へ。
 大学設置不許可騒動であれだけ周囲に迷惑をかけておきながら、選挙カーでは「人の痛みがわかる政治~」ですか。ギャグかと思いました。人の痛みを解ってないのはアンタだろ? 落選は当然です。親父さんは色々問題はあったけど、「人の痛みがわかる政治」は実践していたのにね。と言っても、もう遅いかw
 仙谷由人元官房長官へ。
 貴方が落選するとは意外でした。一部から左翼の権化扱いされてたけど、自分はそこまで偏ってるとは思えない。カンチョクトの意を受けて豪腕で事を運んだのが気に障られたんでしょうな。党内を纏める実力はあっただけに、落選は残念です。
 輿石東幹事長へ。
 そもそも民主党が「決められない政党」だったのは、アンタの過剰な組織防衛主義の所為だったのよ。それを理解してる? 国民生活を犠牲にしてでも党勢維持を優先するなんて、自分に言わせりゃ民主敗北の一番の癌だよ。小沢一郎一派が離党した際に切らなかった野田総理も悪いけど、ともかく幹事長辞任だけじゃ済まされない。責任をとって一刻も早く民主党から去って下さい。
 カンチョクトと海江田万里へ。
 俺は福島第一原発事故の元凶とも言えるアンタらが復活当選したのを非常に悔しく思う。チクショウめw
 前回総選挙で和歌山3区から立候補してた玉置某へ(名前忘れたw)。
 比例復活当選でしたが、貴方の地盤は和歌山3区だったはず。ですがここ3年数ヶ月の間の空気ぶりは一体どうしたことでしょう? しかも今回総選挙で有権者の審判を受けること無く逃亡してしまったのにも呆れました。噂では某町長選に出馬を画策しているようですが、もう政治には関わらない方がいいんじゃないですか?

 以上、何かもう色々とgdgd書いてきたけど、ひとまずここまでにして、明日からは第2次安倍政権の手腕をじっくりと見守って行きたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト
21:09  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://hirosam2010.blog24.fc2.com/tb.php/233-4d04e9b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。